【60代夫の浮気】60代男性は恋愛したい?!浮気事情と妻の対処法

60代男女

 

60代の夫の浮気…。

長い結婚生活、色々ありながらも、夫婦で共に乗り越えてきた。

子どもたちも自立し、夫が定年を迎えてからの老後の人生も、これまで通り夫と共に過ごしていくことを、疑いもしていなかった矢先の夫の裏切り。

 

「まさかこの歳で、あの夫が…」

信じられない衝撃とショックで愕然としてしまうことでしょう。

 

長年連れ添ってきた夫婦として、家族としての私の人生は一体なんだったのか…

そう思ったら、これまでの人生、そして自分自身を否定されてしまったような悔しさと怒り、情けなさすら感じてしまうかもしれません。

 

いまさら離婚…

このままずっとこの浮気に耐えていくしかないの…

これからの夫婦の関係、自分の人生はどうなってしまうのか、そんな大きな不安が、さらにあなたを苦しめているのではないでしょうか?

 

今回はそんな60代の夫の浮気に悩むあなたのために、ご主人がなぜ浮気してしまうのか、そしてその事実に、妻としてどう向き合えばよいのかについて、ご紹介します。

あなたがこれからの自分の人生を、幸せに導くためのきっかけとなれば幸いです。

 

 

 

60代の夫はなぜ浮気する?抱える胸の内とは一体なに?

白髪男性

 

これまで社会で長年働き続けてきた男性が定年を迎える、またそれに近づくということは、私たち女性が想像する以上に、彼らの中では大きな変化を迎えることになります。

男性にとって仕事は、人生の大部分を占める生活の一部であり、自己実現の場所、また生き方そのもの。その長年続けてきたこと、情熱を注いできたものが断たれることで、ふと、自分が何者なのか、そして自分の価値がわからなくなってしまうことがあるのです。

 

会社では役職があり、立場があり、慕う部下がいて、という長年の環境から、“ただの60代のおじさん”になった時、新たな自分の人生、生活に、実は戸惑い、孤独を感じ、これからどう生きていくかを考えてしまう。

自分の人生が終盤に差し掛かっていることを自覚してくる60代。このままでいいのかと、最終的な自分の人生と向き合うことになるのです。

 

このような心境や背景も踏まえながら、なぜ浮気にたどり着いてしまうのか、60代男性の浮気事情についてみていきましょう。

 

 

夫婦関係が冷めきっている

長い夫婦生活で行き着いた夫婦のカタチ。

昼間は働き、夜帰って寝るだけなら、関わることも少なかったため、そこまで気にならずにやってこれたかもしれませんが、退職後一緒にいる時間が増えることで、自分たちの夫婦関係の現実が浮き彫りになります。

お互いに干渉せず、それがあなたにとっては楽であったのも事実でしょうが、夫婦とは、いくつになっても男女の関係であること忘れてはいけません。

特に男性はいくつになっても“女性”を求めるものですから、妻との関係に愛の感じられなくなれば、他の女性に目が向いてしまう、それは女性が考えている以上に自然なことなのです。

 

居場所がない

長年働いた会社を退職し、ようやくゆっくりできると思っていたのもつかの間、いざ始まってみると、家庭での居心地の悪さ、居場所のなさにストレスを抱えてしまう人が少なくありません。

また、単身赴任や仕事で週末もほとんど家にいないという人も、たまに過ごす家庭での時間に、くつろぐことができなかったり、自分の居場所のなさを感じる人もいます。

 

それまで自分のペースやスタイルで家庭を築いていた妻にとって、夫が日常に加わることも大きな変化。自分のペースやスタイルが崩れ、思うようにいかなくなることに不満を感じ、イライラすることが増えてしまい、知らず知らずのうちに夫を邪魔者扱いしてしまう。

夫からしたら「これまで頑張って働いてきたのに、今になってなんでこんな扱いをされなきゃいけないのか」と、不満を持つことになり、その反発感から外に自分の居場所を求め、それが浮気のきっかけになることもあるのです。

 

認められたい

仕事をしていれば必要な存在として求められ、頑張ればその分だけ評価され認められてきた。しかし、退職後の生活に喪失感を感じる人も多い中、妻からは相手にされず、誰も自分のことを理解してくれない、認めてくれる人がいないとなれば、それは私たちが想像する以上に寂しく辛いものなのかもしれません。

「仕事をしていなければ、自分は用無しか⁈」と妻には嫌悪感が生まれ、夫婦の距離はますますひらいてしまうことになり、自分を理解してくれる人、大切にしてくれる人を他に求めてしまうのです。

 

もともと浮気体質

今になって浮気が発覚しただけで、実はもっと前から浮気は始まっていた、繰り返えされていた、というパターンも少なくありません。

60代を迎え、夫婦がお互い干渉しなくなっていることをいいことに、「もう隠す必要もないだろう、自由にさせてくれ」と開き直ってしまうなど、「残りの人生を自由に楽しみたい、これまで頑張ってきたんだから、やることはやった。もういいだろう」という、妻からしたらなんとも身勝手な言い分で、浮気を楽しもうとする人もいます。

 

時間とお金の余裕がある

60代となれば、すでに退職している人、そしてまだ現役であれば上の役職に就き、子供も独立している人が多いので、金銭面でも時間でも自分のために楽しむ余裕が生まれます。

夫婦関係が良好であれば、妻と一緒に過ごすことにその時間やお金を使うでしょうが、妻もそれを望まない関係性であることも多く、その自由なお金と時間は他の女性と楽しむために使われることも多いのです。

 

性欲が衰えていない

個人差はありますが、60代になっても性欲は衰えず、いつまでも元気な人はたくさんいます。楽しむ人は死ぬまで現役というくらいですから、「60代になってまでセックスなんて…」と考えてしまう妻とは、その感覚に差ができてしまうのもしょうがないこと。

妻が相手をしてくれなれば、その性欲を満たすために外に浮気に走ってしまう、それはいくつになっても変わらない、男の事情なのかもしれません。

 

 

60代の夫の浮気、妻はこれからどうしたらいい?

一つのリング

 

ご主人が浮気をするということは、単純に考えると、「あなたといても“得られないもの”を浮気相手に求めている」ということになります。

では、ご主人は一体何を求めているのでしょう?

 

もしご主人が、「もっと大切にされたい、自分を認めてほしい、居場所がないのは寂しい」そんなふうに感じているのなら、あなたは夫婦関係を見直し、自分の対応を改め、ご主人に対しもっと愛情を注いでことをしていかなくてはなりません。

性欲を満たしたいなら…あなたは妻としてご主人のセックスに応える必要がありますし、妻として愛されるための努力が必要になります。

 

あなたには、それをしていく覚悟がありますか?

 

ご主人の浮気をやめさせたいと思うのであれば、ご主人が求めているもの、浮気相手があなたの代わりにしていることを、妻としてあなたがしっかりと提供していく必要がある、ということを理解してほしいのです。

ご主人が求めることに妻として応えることができなければ、「いくら浮気は悪いことだから」とやめさせようとしても、ご主人が戻ってくることはないでしょう。

 

浮気をするということは何かしらご主人は不満があり、満たされていないということですから、あなたとご主人の関係性を見直し、改善しようとしない限り、ご主人が浮気をやめることはないのです。

 

 

そこに愛はありますか?

あなたはご主人のことをどう思っているのでしょう?

そんなこと、ここ何年も考えてこなかったかもしれませんが、あなたが今抱えているのは、紛れもない夫婦の問題

そこに愛情があるのかどうか、それはとても重要なポイントです。

 

なぜなら、夫婦の関係は男と女。愛がなければ成り立たないから。

 

ご主人の愛がほしいですか? また愛されたいと思いますか? 

それとも、そんなのもう必要ないと言い切れますか?

 

あなたが愛してもいないのに、「夫婦なんだから浮気しないで“私の夫”として黙って家にいて」というのは、あまりにも勝手な話。

あなたがご主人に浮気をやめてほしいと願うなら、あなたは妻としてご主人とどう向き合わなければならないか、しっかりと考える必要があります。

 

あなたの中に少しでも明確なご主人への愛があるのなら、正しい方法でご主人の気持ちを取り戻していけばいいし、「やっぱりもう愛情はなくなっている」ということに気づいたなら、「自分の幸せは一体どうすることなのか」ということを、明確にして進んでいかなければなりません。

ご主人の浮気に悩んでいる今あなたにとっての幸せが何なのか、本当にご主人への愛があるのか、ここで今一度、しっかりと自分の気持ちを見つめてみてほしいのです。

 

 

まとめ

積み木love

 

男性はいくつになっても男。

60代になっても大事にされたいし、愛を求めるものなのです。

あなたはそんなご主人を受け止める覚悟がありますか?

 

もちろん浮気は決して許されることではありません。

しかし、ご主人の浮気であなたがこれからの人生に不安を感じたようにもしかしたらご主人はあなたより先に、今のあなたとの夫婦関係に不安や迷いを感じていたのかもしれませんよ。

 

「あなたにとっての幸せは、一体何なのか?」

ゆっくりと自分の心の中を見つめてみてくださいね。

 

 

夫婦再構築ランキング にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ にほんブログ村