浮気発覚後の妻の態度が離婚か修復かを左右する!賢い妻のとるべき対応とは?

手に✖マーク

 

浮気発覚後の妻の態度がその後の夫婦の行方を左右してしまうこと、あなたは理解できますか?

夫の浮気発覚後、やり直そうと修復を願っているにも関わらず、最終的に夫婦関係が破綻し離婚を迎えてしまう。

その原因は、妻が夫をつねに怪しいと疑ってしまったり、浮気されたことを思い出してはご主人を責め続けてしまうことにあります。

 

妻としては「浮気されてすごく傷ついた、だからもう二度と同じことはしないでほしい。私のことをもっと大切にしてほしい」という思いをわかってほしいだけなのに、その伝え方が正しくなければ、残念ながらご主人は「責められている」としか受け取れず、ただ謝るしかないのです。

そして、それを繰り返されると、「謝っているのにこれ以上どうすればいいんだ!」となってしまい夫婦の歯車はどんどん狂っていきます。

そして本当の意味で夫婦が壊れてしまうのです。

 

今回はこんな望まない結末を絶対に避けていただくために、夫の浮気発覚後、夫婦関係を壊さないために妻がどう対応すればよいのかについて、お話します。

後悔しないためにも、ご主人とどう向き合ったらよいのかを明確にしましょう!

 

 

 

 

浮気発覚後の妻の態度はコミュニケーションスキルでカバーする!

座ってくつろぐカップル

 

コミュニケーションスキルが高い女性は実は浮気されにくいって、ご存知でしたか?

それは常に感情的にならず、相手に嫌な印象を与えることなく、きちんと自分がどう思っているのか、どうしてほしいのか(どうしてほしかったのか)ということを具体的に伝えられているからなんです。

 

夫が浮気に走る夫婦のほとんどが、夫婦間のコミュニケーションをないがしろにしがち。

特に妻が夫とのコミュニケーションを大切にしないことで、夫はあなたとコミュニケーションをとることをあきらめ、浮気に走ってしまうケースが多いのです。

 

心当たりのある方は是非、この機会にご主人とのコミュニケーションを見直して、もう二度と失敗しないように夫婦再構築に役立てていきましょう!

 

 

自分の気持ちを素直に伝える

ご主人を責め続ければ、ご主人の気持ちはどんどんあなたから離れていくだけ。

そうではなくて、まずはあなたの気持ちを素直に伝えるのです。

「私は浮気をされて、裏切られたことが凄くショックで、悔しい」「毎日どうしたらいいのか悩んで苦しいの」とあなたの胸の内を感情的にならず伝えましょう。

 

そうやってしっかりと心の中の感情を言葉で伝えることは、あなたの気持ちを楽にもしますし、ご主人にあなたを理解してもらう上で欠かせないこと。

夫婦の関係を修復し、同じ幸せを目指していくわけですから、お互いを正しく理解し合うことがとても重要です。

 

そして、ご主人に話を聞いてもらった後は「聞いてくれてありがとう」という感謝と「いつかここから立ち直って、あなたと幸せになりたいと思ってる」という今後に向けた前向きなあなたの気持ちも伝えるようにしましょう。

 

 

どうしてほしい(ほしかったのか)のかを具体的に伝える

「私が不安になるようなことはしないで!」「なんでわかってくれないの?」「あなたが浮気したのが悪いんでしょ!」こんなふうにご主人に思いっきり、感情をぶつけてしまってはいませんか?

これではご主人にはあなたがどうしてほしいのか、きちんと伝わりません。「責められている」と感じるだけで、意味がなく、何も解決されないのです。

不安になるようなことをしてほしくないのであれば、ご主人のどんな行動に不安を感じるのか、そしてどうすれば自分が安心できるのかを具体的に伝えることです。

 

例えば「電話が何度もつながらないと不安になるの。だから、もし長く電話に出られなくなるような時は、前もって教えて欲しいの」

あまりに束縛・強制するようなことはNGですが、ここで重要なことは、何がどう不安で、どうしてほしいかまで、できるかぎり具体的に冷静に伝えること。

 

女性は特に「これぐらい察してよ、自分で考えて!」となりがちですが、それは男女関係において全く通用しません。女性がただイライラしてしまうだけ。

そこまで具体的にきっちり伝えることで、ご主人は理解することができ、コミュニケーションとして成り立つのです。

 

 

妻が避けるべき言い方とは?

次のような表現、言い方はしないように気をつけましょう。

【「なぜ?」で相手を責める】
・なんでこんなことしたの?
・なぜ連絡をくれないの?

【人格否定】
・約束を守れないなんて、最低!
・バカじゃないの!
・ほんと、ダメな人ね。

【過去を引っ張り出す】
・前もそうだったよね。そうやってあの時も!その前も……
・前からずっと言おうと思ってたんだけど、この際だから言うね!

【大げさな表現を使う】
・いつもそうだよね。
・絶対におかしい!
・決して私のお願いを聞いてくれないよね。

 

上記のような言い方をすると、ご主人は責められているように感じ、その言い方に不満を覚え、あなたとの意味のあるコミュニケーションは成り立たなくなります。

 

「どういう言い方をするか」も、もちろん大事ですが、「相手とどういう気持ちで向き合うか」もとても重要です。

あなたがこれからまたご主人と、幸せな夫婦関係を築きたいと願っているのであれば、ありのままのご主人を受け止め、お互いに理解し合おうとする姿勢が必要だと思いませんか?

 

 

まとめ

抱き合う後ろ姿

 

ご主人との関係を修復したいなら、ご主人とのコミュニケーションを一つ一つ大切に積み重ねていくしかありません。その他に方法はないのです!

あなたがどのようにご主人とコミュニケーションをとるか、それがすべての結果を招くと言っても過言ではない。

 

ですから、夫婦としての思いやりを忘れず、しっかりとご主人と向き合ってください!

全てはあなたの幸せのために。

 

 

 

 

夫婦再構築ランキング にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です