やり直せない夫婦は何が違う?夫婦修復に欠かせない妻の姿勢とは?

向かい合いコーヒー

 

夫の浮気を乗り越え、やり直せる夫婦とやり直せない夫婦、一体何が違うのでしょう?

それは夫がどれだけ反省し、妻に尽くしたかとかそういうことではありません。

やり直せるかどうかそのカギを握るのは実は妻のあなた。

 

あなたが修復に向けてどのように取り組むかで、夫婦の未来が大きく変わってしまうとしたら…。

失敗して望まない離婚という結末にいたらないためにも、今自分がすべきことは何か、どのように取り組んでいったらいいかをしっかり抑えておくことが重要だと思いませんか?

 

今回は夫の浮気を乗り越え、夫婦でやり直すために欠かせない妻のあり方、取り組む姿勢についてお話します。

「あの時こうしていれば…」と後で後悔しないためにも、是非参考にして修復を成功させてくださいね!

 

 

 

【やり直せない夫婦】修復を可能にするために欠かせない妻の姿勢とは?

頭にサンセットの光を浴びた女性

 

やり直せない夫婦に欠けているものそれは愛のある行動です。

どれだけ夫への深い大きな愛を持ち合わせているか。そしてその愛をうまく行動に移し、伝えられるかどうかですべてが決まると言っても過言ではありません。

あなたがもし、本気でご主人との関係を修復したいなら、まずはこのことに気が付いてほしいのです。

 

夫への愛が明確である

夫婦関係を修復するために大切なこと、それはご主人への愛が明確であること。

なぜなら、愛がなければ夫婦関係は成り立たないし、その愛のある行動でしか修復は不可能だから。

 

夫の浮気発覚後、妻は離婚するか、やり直すかで悩みますが、一番大切な「ご主人への愛を明確にする」という作業をおざなりにしてしまいがち。

 

「裏切られた、許せない、もう信じられない」という思いが強くて、なかなか自分の心の奥底にあるご主人への思いに目を向けることが難しいことも理解できます。

しかし、あなたにとってご主人がどれだけ大切な存在か、あなたの人生においてご主人と夫婦でいられることがどれだけ意味のあることなのかをわかっていなければ、修復に欠かせない愛のある行動なんてできないし、うまくいくわけがないんですよね。

だから結局、気持ちばかりが焦るけど、心と行動の調和がとれず、「うまくいかない」と苦しむことになるのです。

 

修復にはご主人への愛を明確にすることが不可欠。

「やり直したい!」と、はやる気持ちもわかりますが、まずはじっくりと自分の気持ちをみつめ、ご主人への思いを明確にしてみてください。

これが最初のステップ。すべてはここから始まります。

 

 

素直な気持ちを伝えることができる

「夫が何を考えてるかわからない、自分たち夫婦のことをどう考えているんだろ?」

もしそんな思いを抱えているとしたら、それは夫婦のコミュニケーションがしっかりと取れていない証拠。

 

あなたがご主人のことがわからないというなら、ご主人だって同じようにあなたのことがわからない。こんな関係だからだから分かり合えるはずがないのです。

あなたが伝えなければご主人は何もわからないし、あなたを理解してもらえないのも当然のこと。お互いをしっかりと理解し合うことができないのに、関係をやり直せるわけがないんですよね。

 

浮気発覚後から関係がぎくしゃくしてて、話し合うこと自体が簡単ではないこともわかりますが、「ご主人がきっかけを作ってくれる、いつかきっかけができたら」なんて待っていては、修復なんて進まないし、この状態を長く続けることは二人の距離をますます遠ざけてしまうだけ。

 

ご主人の気持ちが知りたければ、まずはあなたが自分の気持ち、考えていることを素直に伝えていくしかありません。

やり直したいこと、でもどうしていいかわからなくて悩んでいることなど、まずはあなたの素直な気持ちを伝えることで、ご主人にあなたのことを正しく理解してもらう必要があります。

そしてあなたが心を開いて話していることが伝われば、自然とご主人も素直な気持ちで話してくれるようになるものです。

 

決して感情的にならず、素直な気持ちをお互いに伝え合い、理解し合うそしてどうしていくかを二人で決めていく、そのコミュニケーションそのものが関係修復の作業であり、再構築の道のりなのです。

 

 

変わる覚悟がある

夫が浮気したのには必ず原因があり、少なからずあなたにも改めるべきこと、しなければいけないことが少しずつ見えてきたはずです。

 

「浮気したのは夫だから、夫が変わるべき、私は被害者なんだから」こんなふうに夫が変わるのを待っているだけでは絶対にやり直すことはできません。

夫婦関係をやり直す上で、何より大切なことは「まず自分が変わろうと覚悟すること」

 

もしまだ被害者意識を持っているなら、今すぐ捨てましょう!修復の邪魔になるだけです。

夫婦の関係をやり直すために自分に何ができるのかを考え、自分自身を改める覚悟を持てるかどうか、それがやり直すためは欠かせない妻の姿勢となるのです。

 

 

歩み寄る姿勢をもつ

二人の関係に距離ができてしまっている今、相手を理解しよう、受け止めようとする歩み寄る姿勢がなければ、二人の距離が縮まることは絶対にありません。

 

夫の態度が気に入らないからと、あなたもそれに対抗した態度をとっていませんか?

また、生活のリズムが違うからなかなかゆっくり向き合う時間がないと、それを理由に夫婦のコミュニケーションを放置していませんか?

 

夫婦関係をやり直したいのであれば、夫のせいにしたり、環境のせいにしていては何もかわりません。

ご主人の態度に愛を感じないなら、あなたは愛のある行動で愛を見せてあげてください。

朝はご主人の起きる時間に合わせて起きて、コーヒーを入れてあげたり、ご主人がくつろいでいる時にはあなたも一緒にくつろぐようにして、二人の時間を増やし、距離を縮められるように、あなたがご主人の生活ペースに合わせることも必要なんです。

 

自分の生活ペースを調整しなければならず、最初は少し大変に感じるかもしれませんが、こうして愛のある行動を自ら起こしていく「歩み寄る姿勢」を持たなければ、いくらやり直したくても状況が変わることはありません。

あなたが何とかしたいと思うなら、あなたからアクションを起こさなければ何も変わらない。そして、変えられるのもあなた自身ということに気づいてほしいのです。

 

 

まとめ

落ち葉の上に寝ころぶ女性

 

“やり直せない”と苦しみ、諦めかけているあなた。

まずはなぜやり直したいのか、そこにしっかりご主人への愛があるのかを明確にするところから見直してみてください。

 

あなた方が愛によって結ばれ結婚したように、関係を修復したいなら再び確かな愛が必要なのです。

愛から始まる愛のある行動、あなたはしているでしょうか?

 

あなたが本気でご主人とやり直したいなら、本気で愛を注ぐしかありません。

誰のためでもなく、あなた自身の望む幸せのために。

 

 

 

夫婦再構築ランキング にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ にほんブログ村