【夫が浮気してるかも?!】浮気の兆候が見られた時の賢い妻の対処法!

木陰の女性

 

「夫が浮気をしているかも」そんな疑惑がよぎった瞬間から、あなたの心は激しく揺さぶられ、ご主人の浮気を疑わずにはいられないはず。

知らず知らずのうちに証拠を探してしまう自分、そして夫のすべてが怪しく見えて、一日中そのことばかりが頭から離れない…。

 

“信じたい”、そう思いながらも抑えきれない疑惑をどうコントロールしたらよいかわからずに、悩んでいることでしょう。

 

でも一つ確実に言えることは、ここでのあなたのアクション次第で今後の夫婦の行方が大きく左右されるということ。

誤った行動でさらなる夫婦関係の悪化を招き、後悔してしまうことのないように、賢い妻なら何をすべきか、どう対処したらよいかについて、しっかり理解しておきましょう。

 

 

 

【夫が浮気してるかも?】明暗を分ける賢い妻の対処法

頬杖する女性

 

“本当に浮気しているのかどうか、早くはっきりさせたい”と思う気持ちはよくわかります。

けど今の時点であなたに離婚の意思がないのなら、あなたのすべきことは浮気の証拠探しではありません。

 

フォーカスすべきは、夫婦の明るい未来。

夫婦としてこれからも良好な関係を継続していくために、今この状況で何が求められ、どう対処すべきなのでしょう。

 

まずは慌てず冷静に様子を見る

「浮気してるかも?」と思いだすとご主人のすべてが怪しく思え、不安のループにはまってしまいます。

でも確実な証拠がないのであれば、まずは落ち着いてご主人の様子を見ましょう。

 

冷静にならなければ、自分でどんどん勝手に悪い方に妄想を膨らませてしまい、あなたが辛くなるだけですし、そんな状態ではご主人との関係を良好に保てなくなります。

冷静な判断と行動がとれるようにするためにも、できるだけフラットな気持ちを保てるよう意識し、様子をみてください。

 

夫婦の時間を大切にする

不確実なことで悩みすぎ、ずっと嫌な気持ちに囚われていることは精神的にも良くないし、夫婦の間にも嫌な空気が漂うようになり、悪影響となることが増えてしまいます。

確実な証拠がないのであれば、疑いすぎず、一緒に過ごす時間をできるだけ楽しむようにした方が、あなたにとってもご主人にとっても絶対にプラス。

 

“浮気してると決まったわけじゃない。もし浮気していたとしてもその時はその時、そうなった時に考えればいい”、そのぐらい大きくかまえて、今を大切にすることに専念しましょう。その方がきっと明るい未来につながるはずです。

 

すぐに責めない

浮気があってもなくても、取り乱して乱暴に責めてしまっては、ご主人の心はあなたから離れていってしまいます。

男性は問い詰められるとその場から逃げたくなるし、一度そうなってしまってから冷静に話し合おうとしても、なかなか素直に向き合ってもらえなくなるものです。

 

明らかな証拠のない段階で、責めることは意味がなく得策ではありません。

そして一番大事なことは、あなた自身が落ち着き冷静でいられること。感情をぶつけては話になりませんから、あくまで話し合うという姿勢を保ち、相手を受け止められる準備を整えてから、ご主人と向き合うようにしましょう。

 

自分の気持ちを伝える

赤い服うつむく女性

 

冷静に旦那の様子を観察していく中で、どうしても苦しく我慢できなくなった時は、感情が爆発する前に、おもいきってあなたが感じていることをご主人に伝えてみることも、一つの手段。

思っていることを伝えられず苦しい日々が続くことは、ご主人とのコミュニケーションにも悪影響を及ぼしますし、ため込み過ぎてからでは気持ちをコントロールするのが難しく、どうしても感情を爆発させてしまいがちになるから。

 

ここで大事なのは責めるんではなくて、自分の気持ちを素直に伝えること。

「実はね、○○からあなたのことが気になって…もしかして浮気してるんじゃないかって思いだしたら、頭から離れなくなて…辛いんだ…。」という具合に。

 

たとえ浮気をしていたとしても認めることはないでしょうけど、少なくともあなたが今どんなことを抱えていて、どう感じているかを知らせることは、大事な夫婦のコミュニケーションですから、それだけでも意味のあること。

 

浮気をしていれば、ご主人は焦りと罪悪感を覚え、今後の身のフリを考えるきっかけになるでしょうし、何よりずっと聞けずにモヤモヤしていた状態から一歩前に進めることは、あなたにとっても夫婦にとっても大切なことなのです。

 

ただし、伝え方を間違えてしまうと、展開は大きく変わってしまいますから、デリケートなことこそ冷静に、自分の気持ちや状況を丁寧に伝えることを意識しましょう。

 

浮気の原因を考えてみる

“浮気する”、“浮気される”のには、必ず夫婦の間に原因があります。

「もしかして浮気してる?!」と感じたなら、まずは夫婦関係を見直してみましょう。そして、自分のご主人への日々の対応を振り返ってみることです。

 

子ども中心の生活が当たり前になって、ご主人への待遇が粗末になっていませんでしたか?

感謝の言葉より、文句や愚痴が増えていなかったでしょうか?

セックスには丁寧に対応していましたか?

 

どんなことがあっても浮気をしていい理由にはなりませんが、実は妻のあなたが考えている以上に、本当に些細なことが浮気の原因となりうるということを理解しておきましょう。

 

基本ちゃんと認めてもらいたいし、構ってもらいたいのが男。そしてそんな男心は想像以上に繊細なのです。

知らないうちにご主人のプライドや気持ちを傷つけていなかったか、寂しい思いをさせていなかったか、振り返ってみること。

 

そしてもし心当たりがあるのであれば、早速今からでも対応を改め、関係の改善に努めてください。
 
浮気してても、してなくても、夫婦は続くのだから、この機会に浮気の原因になりそうなことは、しっかりと改めていきましょう。
 
誰のためでもなく、あなた自身のために。
 
 

帰ってきやすい環境をつくる

夫の浮気を疑い始めると、あなたからはいつしか笑顔が消え、思いつめた表情でつい冷たい態度をとることが増えていませんか?
 
ご主人が浮気していたとしても、していなくても、家に帰ってきて家庭の雰囲気が悪かったり、あなたに冷たくされるようなことが続けば、家に帰ることが嫌になってしまう。それでは妻として、浮気のきっかけを作っているようなものなのです。
 
 
浮気してほしくないなら、家庭を常に居心地の良い場所にしておくこと。嫌な場所には誰だって帰りたくありませんからね。
 
夫が“帰りたい”と思う家庭がそこにあるかどうか、そのカギを握るのは妻。
 
あなた次第なのです。
 
 
 

まとめ

♡の飾り

 

“夫婦としてこれからもやっていきたい”、そう望んでいるなら、浮気を疑っている様子を見せるより、まずは静かにご主人を見守りましょう。

そして、自分の気持ちを落ち着かせることを意識しながら、家庭を見直し、夫婦の関係を見直してみること。

 

あなたは果たして、ご主人にとって居心地のいい存在になれているでしょうか?

この機会にじっくりと、夫婦のあり方を見つめ直してみてくださいね。

 

 

 

夫婦再構築ランキング にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です